前回のシャンブレーシャツに続き、今回もビジネス、カジュアルどちらのシーンでもお使いいただける「鹿の子ポロ」をご紹介いたします。

シャンブレーシャツの特集ページはこちら

【鹿の子とは】

ポロシャツに多用されるニットの編み生地のひとつです。編み地が鹿の子供の背中にみられる白いまだら模様に見えることからこの名がつきました。表面が凸凹しているので肌への接面積が少なく、さらりとした風合と吸汗・発散性があり伸縮性が高いためポロシャツやスポーツウェアなどに使用されています。
カミチャニスタでは鹿の子生地を使ったモデル3型ご用意しております。

モデル別の特集ページはこちら

【ビジネススタイル】

イメージ画像1

ビジネスでも使いやすいネイビーの鹿の子ポロを使ったスタイリング。 ドレスシャツに負けないほどのエレガントな襟元に仕上げているので、ジャケットとの相性も抜群です。さらっと一枚の着こなしも上品にクールビズスタイルを格上げしてくれます。また、ボディラインもスッキリとシャープに仕上げています。

イメージ画像2

ドレスシャツ同様に台襟(後)の高さが3.5cmあるので、ジャケット着用時も襟元は崩れません。

【カジュアルスタイル】

イメージ画像3

カミチャニスタのポロシャツはドレスシャツのような襟元ですので、休日は上品なポロシャツとシャツジャケットを羽織るだけでスマートな印象に。エレガントな襟元と軽快な雰囲気のある鹿の子生地のポロシャツはビジネスだけでなくカジュアルでも問題なくご着用いただけます。

イメージ画像4

【コーディネイトアイテム】

【ポロシャツ】【半袖】【鹿の子】【ネイビー無地】

【S・M】【ポロシャツ】【半袖】【鹿の子】【ネイビー】

鹿の子生地のアイテムはこちら

カジュアルなアイテムでありながらビジネスとカジュアルどちらも様になるシャンブレーシャツ。7月から一気に気温が上がりノーネクタイで会社へ出勤されているお客様も多いと思います。今回はノーネクタイでもだらしなく見えず、カジュアルとドレスの中間的な雰囲気を持つシャンブレーシャツをご紹介します。

【シャンブレーとは】

一般的に縦に色糸、横に白または未晒し糸を使った平織り生地のことをさします。色糸にはインディゴブルーが使われることが多く、糸を使うことで独特な霜降りの風合いになります。霜降りと聞くとデニムを連想する方もいると思いますが、シャンブレーが平織に対してデニム地は綾織と違った特徴があります。シャンブレー、デニムどちらも縦に色糸、横に白糸などを使うのですが織り方の違いで、厚地でしっかりとしたデニムに比べて、シャンブレーは薄地で軽いのが特徴です。

【ビジネススタイル】

イメージ画像1

ジャケット、パンツの色味を押させてシャンブレー生地の上品な発色を生かしたスタイリング。タイドアップもちろんいいのですが、良い意味でカジュアルの雰囲気を残すためノーネクタイでドレスダウンしたスタイルをカミチャニスタではおすすめします。

イメージ画像2

襟型はワイドカラーのため、第一ボタンを外した時の襟の開きやロール感がとても美しくカジュアルながらも上品でエレガントな雰囲気が魅力的です。

【ウィークエンドスタイル】

イメージ画像3

休日はその軽さからサラッと羽織れることができるのも魅力的です。インナーにはカットソーではなくニットを合わせることでシャツのボタンを開けても上品な印象に。袖をロールアップすると、より軽やかになります。

イメージ画像4

バイオウォッシュ加工による製品洗い仕上げは、軽やかで独特のふっくらとした柔らかさが気持ちの良い仕上がりです。また、カジュアルラインでは、着丈を少し短くして、シャツの裾をパンツから出して着ることが出来るように作製しております。

【コーディネイトアイテム】

【37~42】【シャンブレー】【ブルー】【ワイドカラー】

【43】【シャンブレー】【ブルー】【ワイドカラー】

シャンブレーシャツはこちら

イメージ画像1

これはハイテンション生地をズームして撮影した画像です。普通の布帛のように見えますが、実はとても伸縮性に優れた生地となります。今回はドレスシャツの中で最も伸縮性に優れたハイテンション生地をご紹介いたします。

【ハイテンションとは】

テンションは直訳で「張力」や「緊張」という意味ですが、生地の特徴としては「伸縮性が高い」という捉え方になります。商品名に記載している「2WAY」とは、「縦・横どの方向でも伸びる生地」をさし、ニットよりも自由自在に伸縮します。
「2WAY」のほかに「1WAY」があり、2WAYは「縦・横どの方向でも伸びる生地」に対して1WAYは「横方向にのみ伸びる生地」と定義されています。
カミチャニスタでは、「2WAY」のみ取り扱いしております。

イメージ画像2

生地の織り方は、糸のループをタテ方向に連続で編み上げて作られた編み物(ニット生地)になります。通常のニット素材とは異なり、布帛ライクな見た目でよりドレスシャツに近い印象に仕上がっています。素材にはゴムと同じような構造のポリウレタン繊維がメインで、機能性にも非常に優れています。

■伸縮性

ハイテンション生地の最大の魅力は、抜群の伸張回復性と復元力でぐいっと引っ張っても、手を離せば完全に元通りです。かなりストレッチ性に優れていて、変形させてもきちんと元の形に戻ります。よく伸びるということは体にも綺麗にフィットするということ、どんな動きにも対応するため、ストレスフリーシャツです。

■耐久性

ハイテンション生地は別の角度から見えると、耐久性・耐摩擦性があるとも言えます。生地を引っ張っても元に戻るのですから、型崩れしにくいです。他にも同じニット生地と比べると、糸が抜ける・ネップ(毛玉)ができる・伝線するといった生地トラブルが少なく、そんな耐久性を実現しているのが、ハイテンション生地の素材となるポリウレタンです。

イメージ画像5

ハイテンションは見た目が布帛に似ているので、綿100%のドレスシャツと同様にタイドアップして着用頂けます。スーツやジャケットは素材を選ばずコーディネイトできるのもポイントです。

イメージ画像6

伸縮性に優れ、見た目もドレスシャツの雰囲気が出る、ハイテンション生地を使用したシャツはいかがでしょうか。

【ハイテンション】【2WAYストレッチ】【白無地】【ホリゾンタルカラー】

【ハイテンション生地はこちら】

RECOMMEND ITEM【鹿の子】

Update: 2021.06.25 14:46 | 商品紹介

梅雨が明けると本格的な夏のスタートです。
今回は初夏から晩夏にかけて着用いただきたい「鹿の子」生地をご紹介いたします。

鹿の子とは凸凹ができる編み方をしたニット生地のことで、まるで鹿の子のような模様となっているため、鹿の子編みと呼ばれています。
生地の特徴としては凸凹があることで肌へ接する面積が少なく、通気性に優れ、サラッとした肌触りなので夏の蒸し暑い気候に最適です。

イメージ画像1

鹿の子生地を使った製品で一般的なものは鹿の子ポロシャツがありますが、カミチャニスタでは、鹿の子ポロシャツに加えてビジネスシーンでもご着用いただけるように鹿の子生地を使ったシャツをご用意しております。

【鹿の子ポロシャツ/半袖】

イメージ画像2

鹿の子生地の王道である半袖ポロ。カジュアルなイメージが強いですが、カミチャニスタでは台襟(後)を3.5cmに設定しているのでドレスシャツのようなエレガントな雰囲気に仕上がっています。サイズ感はコンパクトに仕上げているので、ジャケットを着用時もスッキリとした印象になります。

【ポロシャツ】【半袖】

【鹿の子ポロシャツ/長袖】

イメージ画像3

鹿の子ポロシャツの新作である長袖が登場しました。長袖のポロシャツはスマートに見えにくいイメージを持っている方も多いと思います。一般的な長袖ポロシャツでよく見るデティールは袖がリブ仕様のもが多いです。長袖ポロシャツをスマートに見せるため袖にカフスを付けシャツ仕立てにしました。

イメージ画像4

袖の仕様はカフス・剣ボロがついているので上品な雰囲気に仕上がっています。

【ポロシャツ】【長袖】

【鹿の子シャツ】

イメージ画像5

ネクタイを締めても、ノーネクタイで一番上のボタンをはずしたときにも、形がくずれず、美しい襟をキープします。縮性にも優れており、カミチャニスタの特徴でもある、袖の後付け(マニカ・スポスタータ)との相性は抜群。非常に快適な腕回りを実現いたしました。

イメージ画像6

襟型は汎用性の高いレギュラーカラーで仕上げております。鹿の子生地のシャツですので、もちろんスーツやジャケットとの相性は最適です。

展開カラーは全モデルホワイト・ネイビー・ブラックの3色展開となります。

【鹿の子ニット】【レギュラーカラー】

【鹿の子生地の商品はこちら】

Focus Item 【Leno Cloth】

Update: 2021.06.18 16:40 | 商品紹介

今年も梅雨に入り蒸し暑い日々が始まりました。今回はそんな蒸し暑い日々を快適に過ごせるシャツをご紹介いたします。

【Leno Cloth/カラミ織り】

イメージ画像1

2本のたて糸をよじりながら、よこ糸を織り上げていく特殊な織り方で表現される網目状の独特な生地です。立体組織なので通気性が高く、吸湿・発散性に優れるので春夏生地として最適です。着心地は清涼で肌触りもさらりとドライ。日本では「カラミ織り」という名称で親しまれています。

イメージ画像2

カラミ織りは春夏に向いている素材ということもあり、カミチャニスタではノーネクタイでも首元がだらしなくならないように「比翼ワンピースカラー」をご用意しております。
カミチャニスタのワンピースカラーは前襟(台襟部分)の高さは3cmとセミワイドカラーやホリゾンタルカラーとはほぼ変わらずに、羽襟の長さを7cmとコンパクトに仕上げています。また比翼仕様ですので襟の広がりを抑えることができます。ボタンは取り外し可能ですのでお好みでお選びください。

【選べる2色】

イメージ画像3

【LENO CLOTH/レノクロス】【白無地】【比翼ワンピースカラー】

イメージ画像3

【LENO CLOTH/レノクロス】】【ネイビー×ホワイト】【比翼ワンピースカラー】

セミワイドカラーの新型が登場しました!!
現代のビジネスシーンにおいて定番になっているセミワイドカラー。カミチャニスタでも最も人気のある襟型です。
今回はよりモダンに仕上がった新型セミワイドカラーをご紹介いたします。

イメージ画像1

新型セミワイドカラーは襟先が8.2cmに設定しております。
旧型セミワイドカラーと比較し0.4cm短くしていることで、首回りのおさまりが向上しています。

イメージ画像1

台衿は襟を美しく見せるために重要な部分です。
近年のスーツやジャケットは副資材を極力省いた軽快なアイテムが主流となっており、これらのアイテムに馴染むように台衿高さを前台衿2.8cm(旧:3.2cm)後ろ台衿3.5cm(旧:3.6cm)にしております。

イメージ画像1

モダンにアップデートされたセミワイドカラーを是非お試しください。

新型セミワイドカラーはこちら

着用シーンやアイテムを選ぶことなくご着用いただける万能な襟型「レギュラーカラーシャツ」が登場しました。

イメージ画像1

【現代的にアップデートしたレギュラーカラー】

イメージ画像2

現代の細身なスーツやジャケットに馴染むように襟先の長さを6.8cmに襟型の角度を75度にして収まりの良い絶妙なサイズ感と仕上げています。首回りがすっきりとして見えるのでネクタイはプレーンノットがおすすめです。ビジネスからフォーマルまで着用できる最も標準的な襟型です。

イメージ画像3

セミワイドカラーなどが主流となっているビジネスシーンですが、是非カミチャニスタのレギュラーカラーをお試しください。

着用アイテム
【200番手双糸マイクロツイル】【サックス無地】【レギュラーカラー】

レギュラーカラーシャツは全アイテムこちら

【FIELDSENSOR】

イメージ画像1

東レのフィールドセンサーを使用したシャツジャケット。
発汗時に汗を肌から生地表面へ移動させ、不快なベタつきを軽減する素材。
吸水した汗を生地表面で瞬時に拡散するため速乾性があり、加えて生地が凹凸構造になっているので着用時のひんやり感も優れています。 また、テクノクリーンという皮脂汚れ落ちやすく、防臭効果のある加工をしております。生地は鹿の子織りなので夏本番にお勧めしたいアイテムです。

イメージ画像1

【FIELDSENSOR】【鹿の子】【ネイビー】

【SLOTEX】

イメージ画像1

帝人フロンティアのSLOTEX(ソロテックス)を採用したシャツジャケット。
ソロテックスの特徴は柔らかな質感と形態回復性そしてストレッチ性などを併せ持ったマルチな高機能素材です。繊維が螺旋状の分子構造になっていることでバネのようなしなやかな動きをとることができます。ストレッチ性と形状回復性を持ち合わせているため、パッカブルジャケットとしてもお使いいただけます。※保管袋は付属しておりません。

イメージ画像1

【SOLOTEX】【ネイビー】

【ダブルスラブシャンブレー】

イメージ画像1

デニム調の生地を使用することでデニムの本来の風合いを残しながら色落ちやごわつきの心配をせずにすっきりと着用いただけます。軽く厚すぎない生地にストレッチ性を追加することで通常のデニムより機動性に優れたシャツジャケットです。

イメージ画像1

【ダブルスラブシャンブレー】【ネイビー】

【高密度ツイル】

イメージ画像1

ポリエステル×リネン素材の混紡生地。リネン素材独特の風合いを残しながらもストレッチ性があるため快適にご着用いただけます。ポリエステルをリネンに混紡することでリネンの欠点であるシワを軽減できるのもポイントです。
夏はどうしても重たく見えてしまうブラックですが、リネン素材を使用しているので軽やかに着こなせます。

イメージ画像1

【高密度ツイル】【リネン混】【ブラック】

シャツジャケット商品一覧はこちら

時代の変化に伴いカジュアル化が進むビジネスファッション。 そんな中でもジャケットが必要とされる機会はまだ多くあります。
今回カミチャニスタが開発したシャツジャケットは現代のビジネスカジュアルに馴染みやすく、なおかつ着用すると仕立て映えするジャケットをご紹介します。

イメージ画像1

オフィスカジュアルやデイリーウェアとして着用できるシャツジャケットはその軽さだけではなく、イージーケアやストレッチ性などの機能性がある生地を採用しているため、お手入れも簡単です。また、ウォッシャブル仕様ですのでいつも清潔に保てます。
室内と外気温の寒暖差が大きくなる初夏から夏にかけて羽織を持つか悩んだ時には、この持ち運びしやすいシャツジャケットをバッグに入れておけば安心です。

イメージ画像2

後身頃には、肩から背中にかけて「背ヨーク」と呼ばれる、もう1枚切り替えたパーツがあります。人の背中は背骨を中心に肩先にむかって三角屋根のように形成されています。
このパーツがあることで、厚みのある人間の体を立体的に包むことができ、肩部分を立体化させるため、後ろ姿を美しく見せてくれる効果もあります。

イメージ画像3

袖の仕様はボタンを省き筒状(筒袖)になっています。カーディガンの様に腕をたくしあげたスタイルもおすすめです。
シャツはもちろんのこと、カットソーとの相性も抜群です。

シャツジャケットはこちら