STYLING SAMPLE AUTUMN

Update: 2021.10.22 | 商品紹介

気温も下がり朝晩は冷え込む日が多くなりました。この時期になるとタイドアップしてジャケットを着用するのが標準装備になるお客様も多いと思います。夏とは違いネクタイとジャケットを着用するとなると毎日のスタイリングが大変です。今回は少しでも参考になればと雰囲気の違った5つスタイリングをご紹介します!

【NO.1】

イメージ画像1

ガンクラブチェックのジャケットとボタンダウンシャツの組み合わせ。
全体的の茶系の色目が多く顔色が暗く見えてします。そこでネクタイは同系色ながらポイントでオレンジ入っている物を選ぶことでスタイリングにメリハリが生まれます。

イメージ画像2

着用商品

【イージーケア】【ロイヤルオックス】【白無地】【ボタンダウンカラー】


【NO.2】

イメージ画像3

高級感漂うカシミヤジャケットとシャンブレーシャツ。
ブラックのジャケットは意外とスタイリングが難しいがカシミヤ素材を選ぶことで雰囲気が柔らかくなります。
ジャケットとニットタイは黒を基調とし、シャツに品があるブルーのシャンブレーシャツを合わせることで、シックな装いに。

イメージ画像4

着用商品

【シャンブレー】【ブルー】【ワイドカラー】

【NO.3】

イメージ画像5

シャンパンゴールドのような光沢感が印象的なネクタイと独特な艶感のカルゼシャツ。
発色良いネクタイは艶感のあるカルゼシャツと合わせることでスタイリングがまとまります。襟型はホリゾンタルカラーにすることで、こなれた雰囲気に。
ジャケットは無地ではなくトーンの弱いチェック柄を選ぶことで柔らかい印象をブラス。

イメージ画像6

着用商品

【イージーケア】【カルゼ】【白無地】【ホリゾンタルカラー】

【NO.4】

イメージ画像7

ブルーのグレンチェックジャケットに高級感のあるヘリンボーンシャツ。
一見ホワイトのウィンドウペンジャケットとホワイトシャツに見えますが、ズームすると印象が変わります。主張の少ない色目ながら、細かなデティールにこだわることでシンプルなスタイルに華を添えてはいかがでしょうか。

イメージ画像8

着用商品

【イージーケア】【ヘリンボーン】【白無地】【ホリゾンタルカラー】

【CANONICO/カノニコ】【21micron】【ラスティック・トロピカル】

【NO.5】

イメージ画像9

ネイビーのソリッドジャケットにセミワイドカラーのブロードシャツ。
定番が故にネイビージャケット×ホワイトシャツで違いを出すのはとても難しい。ロロピアーナの生地を使ったジャケットは程よく艶があり、セミワイドカラーは誠実な印象を与えます。そして小紋柄のネイビータイで正統的ながら大人の雰囲気に仕上がります。

イメージ画像10

着用商品

【140番手双糸ブロード】【白無地】【新型セミワイドカラー】

【LORO PIANA/ロロピアーナ】【FOR SEASONS】【SUPER120s】【ホップサック】

商品一覧はこちら